文字サイズ

アイノサトジビインコウカ

あいの里耳鼻咽喉科

JR拓北駅徒歩6分バス停拓北8-4あいの里2-2から徒歩5分

お電話はこちら

011-374-6670

あいの里耳鼻咽喉科は2017年5月に開院致しました。
患者さんと一緒に、一番いい治療を探す
そんなクリニックでありたいと思います。

お知らせ

◆6月28日(金)受付17時まで
◆7月5日(金)受付17時30分まで
◆7月6日(土)休診

  • 待合室待合室
  • キッズスペースキッズスペース
  • 院長 森合 重誉院長 森合 重誉

詳細情報

【診療科目】
耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科

_ こんな症状はありませんか?
「耳鳴りがする」「はなみずが止まらない」「声が枯れてのどが痛い」など耳鼻科でよくある症状の他にも「起き上がるとめまいがする」「ふわふわした感じがする」「顔の半分が動きづらい」「のどにはなみずが落ちて不快」「風邪を引いた後、咳が止まらない」「口の渇き」「のどに異和感」「首のしこりに気づいた」ときにもお手伝いできるのが耳鼻咽喉科です

みみ・はな・のどの病気は勿論、当院はできるだけ身体の不調の初期対応に努めたいと考えています
受診の際には一見耳鼻咽喉科と関係なさそうな症状についてもお伝えいただきたいと思います
例えば、不眠、肩こり、便秘、手足の冷えなど不定愁訴の治療をすることで、耳鼻科領域の症状が改善することがあります
耳鳴りなど西洋医学で対応しきれない病態については東洋医学的な診察、舌診や腹診(おなかの所見)により漢方薬を選択、併用します。より効果的な治療の提供に努めたいと思います

処方はできるだけ少ない種類で短期間投与の方針です


通年性アレルギー性鼻炎の舌下免疫療法を行っています
血清特異的抗原検査でダニが陽性の患者さんが対象です
睡眠時無呼吸症候群の睡眠評価装置貸し出しによる検査を行っています
家族からいびき・無呼吸を指摘されている方、日中の眠気がある方が対象です。自宅で実施可能な検査機器を用意いたします




≪症状例≫

耳が痛い、聞こえがわるい、耳鳴りがする、めまい・吐き気がする


はなみず・くしゃみが続く、はなみずがのどに落ちる、鼻づまり、頭重感、鼻血をくりかえす

のど
のどが痛い、口が渇く、のどの違和感、胸やけ・げっぷが多い、声がれ、せきが続く

その他
耳やあごの下が腫れる、首の前にしこりをふれる

補聴器の相談や花粉症の検査も行っています
院内はバリアフリー対応です
キッズスペースがございますので、お子さん連れの治療も安心
拓北、あいの里地区をはじめ、札幌市近郊、石狩市や当別町からも患者さんがお見えになります

あいの里耳鼻咽喉科
【保有機器】
エックス線撮影装置、耳用硬性内視鏡、咽喉頭電子内視鏡、エコー機器、オージオメーター、インピーダンスオージオメーター、赤外線眼振検査装置、手術用顕微鏡

札幌市北区拓北6条5丁目2-1
http://ainosato-jibika.jp/
・日本めまい平衡医学会 http://memai.jp
  • 診察室診察室
  • 聴力検査室聴力検査室
  • X線室X線室

二次元バーコード

あいの里耳鼻咽喉科2次元バーコード