文字サイズ

カブシキガイシャコンドウソメコウジョウ

株式会社近藤染工場

染は心の美、技の冴えは伝統。

お電話はこちら

0166-22-2255

北海道旭川と共に100有余年 近藤染工場

見る人を惹きつける、繊細で鮮やかな染め色。掲げる人、纏う人の心意気を伝える、堂々の風格と質感。近藤染工場は、染めを通して人と人、心と心をつなぐ手仕事を生業としています。
暮らしを彩る様々な染め物は、ありとあらゆるご用命にお応えします。
  • 大漁旗大漁旗
  • のれんのれん
  • 桃の節句桃の節句

詳細情報

創業明治31年。染め一筋に歩んで120年の歳月。以来、いつも変わらぬものは、生地や染料など質の高い素材を吟味する鋭い目。そして、手染めの温もりを愛で伝えようとする職人の手。私たち近藤染工場は、長年培ってまいりました「目と手」に、たゆまぬ精進と努力を積み重ね、伝統の技に斬新な感覚と冴えをプラスして、お客様のあらゆるニーズにお答えいたします。

株式会社 近藤染工場

代表取締役 近藤 弘



当社の商品について

当社では現在、捺染(プリント染め)工場が多い中、全国でも数少ない本染め専門工場として、日本古来の印染めを貫いております。
大漁旗をはじめ、のれん、はんてん、のぼり、優勝旗や応援旗などの各種旗や手ぬぐいまで。一枚一枚、手作りの職人の心がこもった染製品をどうぞ。
デザイン、制作枚数などなんなりとご相談を承ります。お気軽にお問合せくださいませ。
なお、当社の大漁旗は基本的にパソコンのフォントを使用しておりません。
御客様の御注文ごとに熟練の職人の手描きの文字で作成しております。




沿革

1890年(明治23年)
四国徳島より渡道、石狩郡新篠津村に入植
1898年(明治31年)
旭川市に移住し、1条通3丁目に「近藤染舗」を開業する(現在も同住所)
袢天、のぼり、旗 旭川-滝川間に鉄道が開通、のれん、帆前掛等を主に染める
1913年(大正2年)
2代目店舗兼住宅を新築(現在、北海道開拓の村に保存) 
1950年(昭和25年)
社名を「株式会社近藤染工場」に改称 
1983年(昭和58年)
店舗の建物を「北海道開拓の村」に寄贈 
1984年(昭和59年)
新社屋完成 
1998年(平成10年)
創業100年 
2008年(平成20年)
創業110年 
2018年(平成30年)
創業120年、近藤染工場展開催 本物の染を求められるお客様から、広くご愛顧いただき、現在に至る。


営業時間 平日08:00~17:00
定休日 日曜日・祝日
(土曜日は不定休お知らせページでご確認ください)


公式HP http://www.kondo-some.co.jp/
メールアドレス info@kondo-some.co.jp
  • 各種旗各種旗
  • 幟(のぼり)幟(のぼり)
  • 旭山動物園旭山動物園

二次元バーコード

株式会社近藤染工場2次元バーコード