言葉の使い方をチェックしてみよう
ビジネスの基本フレーズ・用語集

社外文書・手紙のフレーズ例

前文のないときの主文の書き起こし

  • ・とり急ぎご連絡申し上げます。
  • ・とり急ぎ用件のみ申し上げます。
  • ・突然、お手紙で失礼いたします。

返信

  • ・○月○日付けのお手紙拝見いたしました。
  • ・このたびは○○をいただき、誠にありがとうございます。

用件の切り出し

  • ・お送りくださいました○○、確かに受領いたしました。
  • ・さて、かねてよりお尋ね(ご相談)のありました、○○の件について申し上げ(お答えいたし)ます。
  • ・さて、すでにご承知のことと存じますが・・・

感謝

  • ・日頃は○○をご愛用いただき誠にありがとうございます。
  • ・おかげさまで○○できることとなりました。これもひとえに○○様のご支援の賜物と、深く感謝申し上げます(いたします)。

お詫び

  • ・このたびは大変なご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。
  • ・度々お手数をおかけいたしまして、誠に申し訳ございません。
  • ・まことに不行き届きの段、お詫びの言葉もございません。
  • ・このたびは、当方の手違いから多大なご迷惑をおかけいたしまして、誠に申し訳なく、深くお詫び申し上げます。
  • ・なにとぞ事情をおくみとりの上、あしからずご容赦の程お願い申し上げます。
  • ・お腹立ちはごもっともですが、ご寛容のほど、伏してお願い申し上げます。
  • ・至急、調査いたしまして、改めてお返事申し上げます。
  • ・(なお、)すでに○○○をご返送いただいている場合は、(当郵便物の)行き違いの失礼を何卒ご容赦ください。

催促

  • ・今日までお待ち申しておりましたが、まだ到着いたしておりません。
  • ・まことに催促がましくは存じますが・・・
  • ・郵送の遅延かとも存じますが・・・
  • ・当方もいろいろさしつかえがございますので・・・
  • ・(計画の進行上・帳簿整理)の都合もございますので・・・
  • ・至急お調べのうえご一報ください。

依頼

  • ・ご多忙中恐れ入りますが・・・
  • ・ご無理を申し上げておりますこと、もとより承知いたしておりますが、まげてお聞き届きいただきたく・・・
  • ・ぜひご承諾いただけますよう、お願いいたします。
  • ・なにとぞ、よろしくお取り計らいくださいますよう、お願い申し上げます。

催促

  • ・今日までお待ち申しておりましたが、まだ到着いたしておりません。
  • ・まことに催促がましくは存じますが・・・
  • ・郵送の遅延かとも存じますが・・・
  • ・当方もいろいろさしつかえがございますので・・・
  • ・(計画の進行上・帳簿整理)の都合もございますので・・・
  • ・至急お調べのうえご一報ください。

断る

  • ・誠に心苦しい次第ではございますが、貴意に添いかねますこと・・・
  • ・貴意にそいかねますこと、誠に申し訳ありませんが・・・
  • ・大変申し上げにくいことでございますが、お気持ちに添うことができず・・・
  • ・誠に残念ではございますが、事情をご了承(ご理解)のうえご容赦くださいますようお願い申し上げます。

主文の結び

  • ・ご査収ください。
  • ・お改めのうえ、お納めください。
  • ・何分のご指示をお願いいたします。
  • ・ご厚情(ご厚志・ご高慮)、重ねて御礼申し上げます。

末文

  • ・本来ならば、直接お目にかかってご依頼(御礼)申し上げるべきところ、まことに略儀ながら、書中をもちましてお願い(御礼)申し上げます。

関連記事