ビジネス ビジネスマナーや仕事に役立つ情報をサポート

ビジネス文書

英文レター

封筒の表書きの基本フォーム

1.発信人
差出人の住所・氏名は基本的に左上のすみに書く。裏面のフラップ(フタ)に書いてもよい。1行目に発信人名、2行目に会社名、次に番地、町村名、市区郡名、都道府県名、郵便番号、国名の順に書く。
2.受取人
宛名の住所と名前は封筒の中央に大きく。個人名の場合は敬称をつける。1行目に敬称と相手の名前、会社宛の場合は役職名、部署名、会社名の順に改行して続け、次に街区番号と住居番号、区、市、州名、郵便番号、最後に国名を。受取人の国名にはアンダーラインを引く。
3.切手は右肩に。航空便とか速達といった指定事項は一般的に封筒の左下か切手の下に赤い字で書く。
封筒の表書き〔例〕

英文レターの基本

ビジネスレターの場合、パソコンのワープロソフトで作成するのが一般的。代表的な書式にはフルブロック形式とインデント形式があるが、最近では読みやすさからフルブロック形式を使う場合が多い。

英文レターの基本フォーマット(フルブロック形式)

受け取り人に対する敬称

男性 Mr.
未婚の女性 Miss Ms.
既婚の女性 Mrs. Ms.
性別不詳の相手 M.
医師や学者 Dr.
大学教授 Prof.