ビジネス|ビジネスマナーや仕事に役立つ情報をサポート

ソフトでいながらキリッ!と職場にさわやかな風
社内マナー

社内マナーの基本

始業5分前には席にいるのが常識

「9時はじまり」ということは「9時には仕事を開始している」ということ。
余裕をもって出社するのが常識。

挨拶は省略しない

出社したら元気に「おはようございます」と挨拶。
「ど〜も」と挨拶を省略したり、上司から先に挨拶されたりしては恥ずかしい。

時間にルーズは社会人失格

時間を守るのは社会人の基本常識。
やむをえず遅れる時には、必ず事前に連絡を。

公私混同はタブー

職場で私用電話をかけたり、おしゃべりをしたり、会社の備品を使用で使ったりするのはタブー。
流行語や俗語もつつしみたい。

デスクの上は整理整頓

自分の机の上はつねにきちんと片づけて、仕事に関係のないものはおかないこと。
離席の際には机の上のものにも配慮を。大切な書類を出したまま、席を離れるのは無責任。

勝手に外出しない

外出する時は、行き先、要件、記者時間を必ず明記してから出かけること。
帰社時間が予定より遅れる時は上司に連絡を。

ノックをしてから入室

上司の部屋や会議室に入る時は軽くノックをしてから中へ。
ドアは向きなおって閉める事。後ろ手に閉めるのは失礼。

挨拶からコミュニケーションが始まる

挨拶は人間関係をスムーズにする大切なポイント。職場の雰囲気を明るくし、引き締めるような元気な挨拶を心がけよう。

社会人のケジメをつける

自分の立場をわきまえて行動することが社会人としてのマナーの基本。社員としての立場、上下関係においての立場、仕事上での立場をしっかりと認識すること。たとえ親しい同僚に対してもなれなれしい態度は職場ではタブー。『親しき仲にも礼儀あり』を忘れずに。

関連記事

社内マナーに関する知識を学ぼう!