ビジネス ビジネスマナーや仕事に役立つ情報をサポート

社会人基本マナー

敬語実例集

電話

正しい言葉使いは、ビジネスシーンなどでの人間関係を円滑にする大切な要素。敬語はぜひ押さえておきたい。
次の敬語には誤りがある。適切な言い方に直してチェックしてみよう。

1.(発信) 高木ですが、松本さんをお願いします。
⇒「高木ですが」は、なれなれしさを感じさせる。自分がどこの誰かをきちんと伝えるとともに、「お願いします」よりも「いらっしゃいますか?」と丁寧に言う。
良→「三沢商事の高木と申します。松本さんは、いらっしゃいますか?
2.(発信)(相手が不在で)伝えてくれますか(伝えてもらえますか)
⇒「お伝えくださいますか」「伝えていただけますか」「お伝えいただけますか」など丁寧にいう。もしくは以下のように。
良→「伝言をお願いしたいのですが
3.(発信) 何時ごろが都合がよいですか。
⇒先方(顧客)の「都合」なので、「ご」をつける。また、「よいですか」も丁寧に言う。
良→「何時ごろがご都合がよろしいでしょうか
4.(着信) 申し訳ありませんが、お声が小さくて聞き取れません。
⇒聞こえにくいのを、「声が小さい」と相手の責任にしている。
良→「申し訳ございません。お電話が少々遠いようですが
5.(着信) 部長は席をはずしております。
⇒この場合は「部長」ではなく名前で「横田は」とか「部長の横田は」という表現にすべきである。
良→「部長の横田はただいま席をはずしております
6.(着信) 今日はお休みをいただいております。
⇒「お」はつけない。「休ませて」を用いる。
良→「申し訳ございません。本日は休ませていただいております
7.(外出中の部長あてに電話が入ったが、部長の戻り時間はわからない)
申し訳ございませんが、(戻り時間は)伺っておりませんのでわかりません。
「伺う」は「聞く」の謙譲語。この言い方では身内に対する尊敬表現になっている。
良→「申し訳ございません。戻りの時間はわかりかねますが…
8.(着信)課長が「明日連絡する」と伝えるようにとおっしゃいました。
⇒課長の言葉をそのまま伝えるのではなく、敬語に翻訳する。「おっしゃった」は尊敬語なので、この場合は不適切。
良→「課長の山田が明日ご連絡を差し上げると申しておりました
9.(着信)すぐ、とりに行きます。
⇒「とりに行きます」では先方(顧客)に対して謙譲や尊敬の気持ちが伝わらない。「すぐ受け取りに参ります」「ただいまいただきにあがります」でもよいが、少々クドい。
良→「ただいまうかがいます
10.(着信)(奥様に)松本はただいま席をはずしています。
⇒奥様は松本さんの身内なので「さん」をつけ、「〜していらっしゃいます」と尊敬表現にする。
良→「松本さんは、ただいま席をはずしていらっしゃいます