TOP > ビジネス > ビジネスマナー > 社会人基本マナー > Eメール Eメールの基本

ビジネス ビジネスマナーや仕事に役立つ情報をサポート

社会人基本マナー

Eメール

Eメールの基本

宛先(address)

アドレスのドット(.)ひとつでも間違うと、相手に届かないばかりか、誤送先のサーバにも迷惑となる。相手のアドレスは一字一句正確に。

件名(Subject)

メールには本文内容が分かるように適切な件名(サブジェクト)をつける。これは受信者が多くのメールから検索したり、忙しい時に後で読むべきか、今すぐ読むか区別したりするため。

本文
  1. 1.まず名乗ろう。差出人のメールアドレスだけでは誰だかわからない可能性もある。
  2. 2.手軽に書いて出せるといっても挨拶をおろそかにするべからず。ただし、一般の手紙のような、時候の挨拶などの形式的な言いまわしは必要ない。「いつもお世話になっております」などの簡単な挨拶を入れよう。
  3. 3.文は必要事項を簡潔に書き、相手が読みやすい文章を心がける。1行の文字数は、最大35文字程度になるように適宜改行を入れる。行数が長くなる場合は、段落ごとに空行を入れるようにする。
  4. 4.連絡文と資料などの文書は分け、後者は添付ファイルにして送るとよい。
署名(Signature)

誰が出したメールかはっきりさせるために、メールの最後には所属・名前・電話番号などの入った署名(シグネチャー)を入れる。ソフトによっては、自動的に入るものもあるが、あまり長くなり過ぎないように6行程度にまとめる。