文字サイズ

イノウエカンサイドウ

井上関西堂

(旧制 朝倉中 35回卒)
〔急ぎOK 筆書印15分仕上げ〕

お電話はこちら

092-473-6866

手彫り対応いたします!
急いで直ぐ作る店[筆文字書・封筒等・印鑑]
会社・個人の価値を表現する安全な印鑑
日本で1本だけの筆書き・手作り印鑑
自分1人だけの印鑑
枠の作りを手仕上げで長持ち数倍
経費節約=ゴム印の部分修正張替OK

詳細情報

名は体を表わし印鑑は運をかたどる
人には人相があるように印鑑にも印相がある
印鑑は自分の分身であり用いる際は正しい姿、用い方に責任を持つ
人格としての信用・信頼、大きい問題を1本の印鑑で暮らしを良い方向へ運ぶという
大切さを考慮すれば自分の分身である印鑑は
最善の選びをしなければならないと考えられます

輝くものを得る為には苦労がともない楽をしては得られぬということで研鑽に務める


印鑑の歴史の起源は5,000年以上遡った話に
メソポタミアのシュメール人が発明した
財宝封印用の円筒印章が始まりで
ユーラシア→ヨーロッパ→中近東→中国→日本と伝来してきた。

日本に於ける印鑑の歴史は
明治6年10月1日太政官布告により
証書に実印を捺印する制度が定められました。
以来日常生活から印章を切り離すことが出来ない必需品となり、
出生届から死亡届と「ゆりかごから墓場まで」使用されている。
一生を通じて個人の権利・財産・生命までが印章によって保証されている。

昔は同姓名者の印鑑は全部字形が異なっていたが、
昨今はパソコンの文字で刻るので全国の印鑑の字形が同じで、
皆同じ印鑑で証明をとっているのは危険です。
昔、先代の職人は一本づつ字を書いて時間を掛けて、
苦労を重ねて作った印鑑を納品することを使命としてきました。
良かれ悪しかれ手作り印を納品して印鑑不要論を払拭したいと考えています。

一本一本心を込めて手彫りいたします。
お気軽にお問い合わせください。

二次元バーコード

井上関西堂2次元バーコード