お客様と最高のコンタクトを。

「顧客満足度向上」「売上拡大」と「コスト削減」を両立させる切り札。
コンタクトセンターは、企業と顧客の双方にとって、新たな価値を生み出すコミュニケーション・チャネルとしての可能性を秘めています。

コンタクトセンターが競争力の源泉に。

コンタクトセンターは、顧客から電話や電子メール、Web、FAXなどを通じて寄せられるさまざまな声を一元的に受け、詳細な顧客情報を蓄積。
顧客情報データベースを基に、販売からアフターフォロー、問い合わせやクレームへの対応など個々の顧客とのやりとりを一貫して管理するため、顧客志向の「One to Oneマーケティング」の拠点となります。
さらに、「顧客の声(VOC:Voice of Customer)」を迅速に他部門へとフィードバックし、顧客ニーズに合致した商品やサービスの開発・改善に活用することで売上拡大に貢献します。

選ばれる理由2つの価値

コンタクトセンターに関するプロフェッショナル企業として、高い評価をいただいているNTTマーケティングアクト。
たくさんのお客様から支持されるには理由があります。
◎構築するだけではなく、コンタクトセンターを「進化」させます。
◎「プロ」の視線でお客様の現状を診断し、課題解決へと導きます。

顧客ニーズがますます多様化・高度化しているからこそ、顧客応対はプロフェッショナルに任せたい。

あなたの企業に、顧客の期待を超える最高のコンタクトを。
「コンタクトセンター・マネジメントサイクル」
センターを開設したあとも、アセスメント(診断)→品質向上施策の提案→品質向上施策の実施・支援→効果の確認
このマネジメントサイクルを回し続け、応対品質の向上はもちろん、コール量を正確に予測することでオペレーターのスケジューリングを最適化し、効率的な運営ににつなげるなど「進化し続けるコンタクトセンター」を実現します。
こうしたオペレーショナル・エクセレンスを支えているのが、高いコミュニケーションスキルとサービスマインドを備えたオペレーターです。
NTTマーケティングアクトのオペレーターは、充実した研修・育成体制とモチベーションケアの行き届いた環境のもとで
◎顧客の満足を引き出す顧客志向の会話能力
◎何気ない会話の中からビジネスに有益な情報を収集する能力
◎見込み客や販売のタイミングを見分ける能力
◎顧客自身がまだ気づいていないような潜在的なニーズを引き出す能力
を日々磨き続けています。

導入事例

「コンタクトセンター・ソリューション」

■情報収集
薬品メーカー/化粧品サンプル請求受付
事務機メーカー/ユーザー満足度調査
医療品メーカー/ミステリーショッパー調査
広告代理店/各種市場調査
新聞社/世論調査
出版社/掲載内容確認
運輸会社/宅配便サービスに関する満足度調査
通信会社/営業店利用客へのアンケート調査
自治体/県産品ニーズ調査

■販売拡大
総合電器メーカー/新聞広告による問い合わせ受付
食品メーカー/自動販売機設置勧奨コール
事務機メーカー/展示案内及び訪問アポ獲得コール
通信販売会社/注文受付をはじめとした各種業務
ホテル/宿泊予約受付
マスコミ/テレビショッピング受付
運輸会社/集荷受付センター運営
通信会社/契約促進・利用促進コール
プロバイダー/回線種別変更勧奨
自治体/粗大ごみ有料化に伴う回収依頼受付

■顧客サポート
医療機器メーカー/ユーザーからの緊急呼び出し受付
生活用品メーカー/リコール受付
自動車販売/車検案内
団体/会員継続勧奨
商社/商材遅配のお詫びコール
運輸会社/問い合わせ受付
プロバイダー/問い合わせ受付・サポート
通信会社/映像配信サービス申し込みなどの受付
自治体/総合コールセンター

まずは貴社の顧客接点の現状を拝見させてください。

*問い合わせの電話に忙殺されて、本来業務に専念できない。
*自社とコンタクトしたお客様が、応対品質に満足しているかどうかが不安。
*コンタクトセンターを開設したが、うまく機能していない。
*コストをかけて育成したオペレーターが定着せず、すぐに辞めてしまう。
・・・多くの企業が悩みを抱えています。
NTTマーケティングアクトの「アセスメント」なら、専門スタッフによるインタビューをはじめ、コールデータの分析、実地調査などさまざまな調査手法を組み合わせて、貴社の顧客接点の現状を詳細に診断。
コンタクトセンター運営のプロフェッショナルとしての視点から、顕在化している課題だけでなく、潜在的な問題までも洗い出し、改善に向けた最適なソリューションをご提案します。

お電話はこちら

0120-807-661